ホーム »  コラム  »  小保方論文とマスコミ

2014年03月16日(日)

小保方論文とマスコミ

雨の日のゴルフとか、小雪の舞う中のマラソンとか、強風の日の屋外野球とか、そんな悪条件で良い記録が出るはずなくても止めるわけにはいきません。それと同じように今、現代は、何かにつけて「事件を喜ぶマスコミ」の中という悪条件で生きていかなければなりません。何度読んでも分からない、何やら重要な細胞の話を、「白い割烹着とか、リケジョ」とか本質と関係ないことで盛り上げられて、それを、今度は穴まで掘って突き落す、その落差が大きければ大きいほど新聞雑誌は売れるし視聴率は上がる、ほんとに嫌な世の中だと思いませんか?一般のマスメディアからは、ほとんど正確な本質を理解できる情報は入ってきませんが、私が前回のコラムで書いた「20Pのコピペ、核心に関わることなの?」という疑問に、東大の何んとかいう教授が、「みんな知っていることで、誰が言っても同じなんだから、コピーしたって問題にすることない」、という意味のことを言ったそうですが、そらね、本質論と手続き論を分けて考えられる人だっているようです。そういうことをきちっと分けて伝えてくれるマスメディアはないものかと思います。「未熟な研究者」と一刀のもとに断罪されましたが、それは学者の中の話で、ついこの間は「常識や既成の考え方にとらわれない若い人の発想」、と持ち上げたのではなかったですか。

ハーバード大学の指導教授が一人、「細胞は存在する。作り方を詳細に公表する」と言って論文の取り下げを拒否しているとか。決着がつく前にマスコミは手を引いてもらいたいですね、学者に任せて。


ページの先頭に戻る