ホーム »  コラム  »  確認検査機関

2014年03月28日(金)

確認検査機関

私が「監視委員」をしていた「確認検査機関」が潰れました。「潰れた」と言うのは正確ではないかもしれませんが、詳しい説明が無く、大きい機構に吸収合併されたようです。それも、組織としては名目は残して、親の機関が何かミスして業務停止を喰らった時、その間の受け皿になるという職員の話でした。

しかし実際は、ここ1,2年業績が振るわず、「適判」の仕事も右肩下がりで採算が合わないと言うことでした。しかし友人で構造の「適判」の委員を別のところでやっている人は忙しいと言ってました。私は前からうちの機関に提言していたのですが、聞く耳を持たないので、潰れたのだと思います。私が言っていたこととは、「ここの審査は厳し過ぎて細かくてうるさい」ということと「その割には値段が安過ぎる」ということの二つです。これは「ブラックなユーモア」だと思われるかも知れませんが、商売と言うものはそういうものだと思うのです。彼等は「最近数が増えて、競争が激しくなって」と愚痴を言ってました。つまり私がいつも言うように「商売」にさせたことが誤りだったのです。(追記:私をよく知る友人は「君を監視委員にするようなところじゃあ潰れるさ」と言います。チキショー)


ページの先頭に戻る