ホーム »  コラム  »  30代は未熟?

2014年04月05日(土)

30代は未熟?

「30代はまだ未熟」とノーベル賞の山中教授が言ったそうですが、建築界でそんなこと言ったら相手にされません。30代でもうバリバリ設計し、雑誌で有名になったりスターになっている人もいます。建築界は気楽ですよ。そう言えばもう一つ気楽だなあと思ったことがあります。先日安藤さんの講演を聞きに行った時の、例の「住吉の長屋」の施主に寒けりゃセーター余計に着ろと言う話は書きましたが、他にもあれを建てるのに、古い家を壊したら両側の家が倒れて来ないか?と心配するから、「その時はその時の話、と言った」と言って笑いをとります。他にも、あの例の急傾斜地のマンションのとき、崖が崩れて来やしないかと心配するから「やって見なければ分からない」と言ったとか「所員は怖がって行かなかった」と笑いをとります。これは建築家を対象にした「気楽な講演会」だから彼独特のリップサービスでしょうから、一緒に笑っていましたが、同時に建築家は気楽でいいなあと思いました。政治家は身内の後援会でも、もしこんなこと言ったら、翌日の新聞トップで、次の日には辞職でしょう。建築家は気楽な稼業なのか、それとも世間に相手にされていないのか?(でも二度目の冗談って笑えませんね)


ページの先頭に戻る