ホーム »  コラム  »  コピペ

2014年04月10日(木)

コピペ

「コピーアンドペースト」は何故いけないのか、どなたか明快に説明して頂けないでしょうか?いろいろ考えるのですが明快な説明ができません。学者など「研究者」にとっては考えられないほどレベルの低い行為で、許されないようです。これ、ルールなのでしょうか?それなら分からないでもないのですが、ルールなら或る世界が決めたことで、世界が変わればルールも変わりますから、それなら理解できないことも無いのですが。実は建築を考えているのです。よく、古い厳めしい銀行で、正面に何本かの「ギリシャ風」の柱を立てて、厳格さを強調している建築がありますが、あの柱は、パルテノン神殿などで見られる柱そっくりです。あれ「コピペ」じゃあないんでしょうか。柱頭がドーリア式もあればイオニア式もある。高校生なら習うギリシャやローマ時代の神殿の柱です。エンタシスといって途中が膨らんで溝が彫ってある。あれをどっかでやっているように映像で重ね合わせたら、ぴったり合う古代建築があるはずです。それから、現代ものでは、例えば九段に建っている山田守設計の「日本武道館」。あの屋根のてっぺんを見てください。金色の。あれは日本人なら誰でも知っている橋の欄干などについている「擬宝珠(ぎぼし)」です。あれ「コピペ」じゃないんですか。もし個性的な造形つまり個人の独創的な作品(形)でなく、みんなが知っているものなら「コピペ」も許されると言うなら、学者の論文でも通説や定説なら、核心に触れない部分でそれを何かの本から「コピペ」をしても許せばいいじゃあないですか。まあ、学者の世界はどうでもいい。私、建築の世界の「コピペ」や「模倣」「真似」や「影響を受ける」ということについて、考えています。ご意見お寄せください。


ページの先頭に戻る