ホーム »  コラム  »  中間検査・続

2014年05月17日(土)

中間検査・続

立ち会いましたよ、中間検査。私はYKAネットワークというものを作っていて、勉強会を開いたり、仕事を頼みあったりと言うのが目的ですが、こんな誰でもできる簡単なことは、みんなも嫌がるだろうと思って、自分でやりました。書類も自分で出したから、内容も分かっていますし、審査官も良い人で助かりましたが、帰りがけに、「この一級建築士番号は四万代ですが、珍しいですねえ。ご本人ですか?こんな御歳の方が現役でやってらっしゃるのは、初めてです。私十万代ですが、もうとっくに定年で退職しましたが」と私の顔を見る。「ウッルセエナア」と内心思いながら「いや、まだ梯子だって登れますよ」申請に出した図面はネットワークの若い人に書いてもらったから、彼はCADで書いた図面しか見てないから助かった。私の手描きを見たらまた驚くに違いない。「早く帰ってくれよ?」と内心思っていると「そう言えば、お名前見て思い出しましたが、私、先生の本読みましたよ。本、お書きになったでしょ?」「ええ、まあ、何冊か」「いやあ、お会いできるとは、、、、」「良いから、審査通してくれよ!」と内心思いながら、「お疲れ様でした!」というと、やっと帰ってくれました。完了検査は別の人であることを祈ります。それにしても私の本、「中間検査の審査官か、、、、いや、別に」


ページの先頭に戻る