ホーム »  コラム  »  鰻と安倍さんと自民党と

2014年07月30日(水)

鰻と安倍さんと自民党と

土用丑の日、現場の近くに評判の「鰻屋」があって、一度入って見たいと思っていたので、予約してみると、「今日は混乱するので予約は受け付けておりません。いらっしゃった方からご案内します」「???」そう言えば普段も評判が良いのでけっこう混んでいるようで、入口に椅子が並んでいるのは順番待ちかと納得。そういえば私は「土用丑の日にウナギを喰うのだけは止めよう」と「信条」にしていたことを思い出しました。正月おせち料理は食べても、丑の日にウナギは食わない。節分に豆は食べても、丑の日にウナギは食わない。端午の節句に柏餅を食べても、お月見に団子は食べても、お彼岸におはぎは食べても、土用丑の日にウナギは食べない。自分の信条を忘れてどうするか!と自ら喝を入れ直す。しかも何か食べるのに行列して順番待って食べるのも絶対にしない、と決めているのです。それにしても言いたいのは、世の中景気が良いこと。工務店は、もう今年は一杯だそうで、私の現場監督も、掛け持ちが忙しくて現場に来やしない。夕べも8時過ぎに電話があって、まだ会社にいるからFAXしてくれと。喜んでいるのは自民党と安倍さんだけ。何故なら、土用の丑の日にウナギを食べる国民は、原発も憲法も二の次で、自民党に投票するでしょうから。きっと次も圧勝ですよ。


ページの先頭に戻る