ホーム »  コラム  »  思いつきセミナー・1

2014年10月06日(月)

思いつきセミナー・1

「思い付きセミナー」を始めます。私が経験したことや、遭遇している諸々の問題をアットランダムに出して行きます。

 

その1:工務店を選ぶ時、建築家がチェックした方が良い「工務店選びの条件・1」は、夜間や休日の施主の緊急連絡の受け皿「受ける体制」はどうなっているか? これは、はじめによく説明して決めておかないと、台風や強風雨の時など、たとえば「雨が漏っている」と夜中でも日曜でも施主は建築家に電話してくるものです。夜中に行けるわけないのに、また行っても建築家ではどうすることもできないのに、とにかく建築家に訴える人がいます。しかしそれを工務店に連絡しても通じない。担当者(現場監督)も休日や夜間は携帯を切っている。そんな工務店に頼んだら、建築家はたまったものではない。このことも「保守契約・メンテナンス契約」の中に具体的に盛り込んで、施主がよく納得してから工務店を決めるべきです。ろくに対応できないなら、はっきりと「勤務時間以外の対応はできません」とはっきり謳わせるべきでしょう。


ページの先頭に戻る