ホーム »  コラム  »  岡田新一氏ご逝去

2014年10月31日(金)

岡田新一氏ご逝去

岡田新一氏のご逝去が伝えられています。なんとなく ヱー!虫の知らせだったのか、という気持ちで読みました。と言いますのは、実は先週出た日経BP社の「建築家の年輪」で、私は「最高裁コンペ」のことに触れていたのです。締め切り間際の深夜、中央郵便局の床の上で直に座って最後の仕上げをして埃まみれで窓口に並んだら、そこにスーツを着て、スタッフが提出するのを悠然と見ている紳士がいた。その紳士が1等に入選した岡田新一だった、と思い出を語っています。そして、皇居のお堀まで断面図に書いていたことや、パステルか何かの、当時は勿論手描きですが、独特のパースに衝撃を受けたことをつくづく懐かしく思い出して「建築家の年輪」のインタヴューで語っていたのです。コンペに入選するにはああでなきゃ、と思い出をかみしめ、人生あそこで別れたな、とこの数日岡田新一氏のことを考えていたのです。陰ながらご冥福を祈ります。私より十歳年上。ああ。


ページの先頭に戻る