ホーム »  コラム  »  大学、都市に戻る

2014年12月03日(水)

大学、都市に戻る

都内にあった大学が都市から離れていったのはついこの前のように思いますが、また戻る傾向にあるそうです。理科大とか明治大学、模索しているとか。少子化で学生が減っているのが理由だそうです。学生獲得には都市の方が魅力があって取りやすいからでしょう。一時、学生が増えてキャンパスを大きくするため都市から離れて、郊外の外側にどんどん出ていきました。が、大学というところは、そもそもそんなに膨らます必要があったのでしょうか?膨らまさないと大学としての、学問の府としての質が落ちるのでしょうか? まことに疑問です。恐らく国からの援助が、学生数によって違うからと言う、バカバカしい理由ではないかと思います。だから、郊外に出て行ったのは金の為だったという理由しか思いつきません。他に大義があったら聞きたいものです。


ページの先頭に戻る