ホーム »  コラム  »  ジャーナリズム

2014年12月24日(水)

ジャーナリズム

「朝日新聞」がまだ大げさに一面で、慰安婦問題の後始末をしています。まあ安倍さんが世界に対してもきちんと取り消して後始末しなさいと言ったので、それでやっているのかも知れませんが、その中でちょっと引っかかることがあるのです。例の池上彰の「掲載拒否問題」。前社長が拒否したので謝罪していますが、私は「朝日」に同情します。私だって、私が設計した家に、大声で悪口言う人は呼びませんし、入れません。よく週刊誌が「朝日の崩壊」とか言う記事の広告を大々的に出していますが、「朝日」は、良く出すよ、と感心していました。私なら広告掲載拒否します。分かってますよ「ジャーナリズムは公正、公平でなければならない」と言うのでしょ?よく言うよ!と思います。真の「公正、公平な姿勢」など出来っこない。それなのに、そう気取るのは茶番だし辟易します。確かに事実とそうでないものはあります。しかし、それを取り上げるか取り上げないかは、すでに「公正、公平」などないのではないでしょうか。以前、たしかNHKが、総理の重大記者会見をやっているのに、浅田真央のフィギアをトップに放映しました。公営放送のやることですか?要するにジャーナリズムも、売れるもの優先でそこに軸があるのは見え見えです。政治と娯楽とスポーツとどれを優先すれば公正なのですか?新聞社もTV局も放送局も、要するに視聴率でしょ?そのくらいのこと、こちらは分かっているのです。茶番劇などしなくても。ちなみに「総理の記者会見」の総理とは、菅さんでした。ロコツー!


ページの先頭に戻る