ホーム »  コラム  »  プリンター

2014年12月25日(木)

プリンター

世の中はどんどん便利になって良くなっているのかと思っていたら、それは一部で、我々はちっとも良くならず、不便で、金のかかる方向に行っているようです。先日プリンターが故障して修理に持って行ったら、何やら調べて「この機種は去年で部品の製造が中止になりました」と言われ、仕方がないからA3ノビの6色とかで色彩の良いという奴を買いました。その時「インクは染料ですから水に弱いです」と注意されましたが、水に濡らすこともないだろう買いました。ところが失敗。ハガキを印刷しようとしてハタと気が付きました。雨の日の配達もある。絶対雨に触れないとは限らない。そこでちょっと濡れた手で触ったら惨めに写真も宛名も汚れました。仕方がないからもう1台ハガキ専用にA4の奴を買おうと思ったら、少々高い。2台目にしては高過ぎる。こんなに小さいのに何故高いのかと聞いたら、これはレーザーだからだと言います。これまで通り顔料でA4の小さいのは無いのかと聞くと、無いと言うのです。ほとんど染料使用かレーザーに切り替えられていると言うのです。世の中良くなっているのは企業だけ。さんざん高いインク買わせておいて、今度は色彩が良いとかなんとか言って、要するにプリンターを買い替えさせよとしているな。諦めて帰りかかると、今日は1日中「晴れマーク」で10%降水確率なのに、雨が降り出しました。「これが10%の雨かよ!」と怒りの持って行き場がありません。そう言えば、関東、東海の地震の確率が上がったとか、「だから何だって言うのだ!」怒りの持って行き場がありません。


ページの先頭に戻る