ホーム »  コラム  »  まだ「新国立競技場」

2015年03月01日(日)

まだ「新国立競技場」

私は話が下手なので、特に議論が下手なので、ある聡明な女性と飲み屋での議論を打ち切って(酒もまずくなるし)メールで冷静にやりとりし、完全に理解しました。例の、槇さんが100人の建築家を連れて「新国立競技場」に反対している件です。ポイントだけ整理すると、私のまとめ:槇さんはコンペの参加を拒否した時点で、みんなに呼び掛けて建築家の「参加拒否」を何故訴えなかったのか。それを今更騒ぐとかえってマイナスが生じる。関係者は「建築家は騒ぐだけで、放っておけば静かになるさ」(事実国や委員会は何も返事をしてくれないとか)という負の評価が定着し、結果マイナスである。彼女の意見:「たとえ結果はかなえられなくても、ここで意見表明だけはしっかりしておくこと、大切なのは正しいと思ったことは言うことである。」と言うのです。これは「無駄なことはしない」と「無駄でもする」という単純なものではありませんが、「それがマイナスになるならすべきではない」と「無駄でも正しいことは発言すべき」、という少しズレている平行線になったことが理解できたので、私は下りました。


ページの先頭に戻る