ホーム »  コラム  »  更新手続きと確定申告書

2015年04月22日(水)

更新手続きと確定申告書

事務所の登録更新に行って来ました。ところが不備の書類があると言われました。確定申告書の1面と2面が必要だったのです。たしかに必要書類の中に書いてありましたが、まさかと思って「青色申告」のコピーは持って行ったのですが、確定申告でなければダメ。FAXでも郵送でも良いから送れと言います。要するにコピーの提出が必要です。耳を疑いました。この書類には収入は勿論、医療費控除や保険料控除、寡婦、寡夫控除、障害者控除、要するに「個人情報」のほとんどすべてが表示されています。これ、皆さんは平気で事務所協会のお姉さんに渡すのですか?私は「個人情報」の守秘義務の法律自体に反対するぐらい、私の「個人情報」なんてどうでも良いのですが、世間では、名簿に電話番号入れたり職業を書くことも拒否するのに、これって、ちょっとひどくないですか?要するに、事務所以外から「給与」を得ていないかだけ見ればいいのだから、提示してその場で「給与」の欄が空欄であることを確認すれば良いので、「コピーの提出」には呆れます。どうせ国交省のお役人なんて、というよりここで働いているひとたち、こういうこと気づく人は1人もいないんでしょうね。嗚呼。


ページの先頭に戻る