ホーム »  コラム  »  もうやめませんか?

2015年04月30日(木)

もうやめませんか?

「建築ジャーナル」5月号でまだやってます。国立競技場です。「磯崎新は何故沈黙を破ったか」というのだけは面白いのですが、他の意見は、実のところもううんざりです。「何にもならなくても、言うだけは言っておくべき」という意見のひとがいることは前に書きましたが、私はその生き方に関心がないので、他の記事は、まあ資料として保存はしておきますが、今、読む気はもうしません。私は有効な動きだけにしか関心がありません。戦う以上は勝たねばなりません。槇さんがあれほど「高尚な」ご意見をお書きになって、100人の建築家を集めたのに、「何の返事もない」そうです。国家が動いた時のバカ力と闇はすさまじいものがあるということは、私が言うまでもなく、ご存じのはず。しかし今回の戦いで勝つ手は一つあった。繰り返しになりますが、それは槇さんがコンペの要項を手にされた時、(数少ない)応募のできる建築家に呼び掛けて、「応募しない」ことを申し合わせることでした。そうしておいて申し入れをすれば勝てたのです。いやそうしなければ勝てなかったのです。少なくとも互角に戦えた。もう雑誌各紙はおやめになって、今後の建築家のあり方と政治に対する戦略を特集なさっては?と思うのですが。


ページの先頭に戻る