ホーム »  コラム  »  イソ建、タク建、ケー建

2015年06月23日(火)

イソ建、タク建、ケー建

「イソ建」「タク建」「ケー建」という言葉をご存知ですか?知るはずない、私の造語です。この「建」のところを「弁」に替えると、弁護士の間で使われている言葉なのだそうです。「イソ弁」「タク弁」「ケー弁」。これを建築界に言い換えると、「イソ建」は建築事務所に入ってロクに給料ももらわずキャリアを積んで独立を夢見る「居候建築士」、「タク建」はまともに就職も出来ず、自宅で開業している「自宅建築士」、「ケー建」は携帯電話だけで仕事をする「携帯建築士」。

ちなみに国税庁の調査では、去年弁護士になった人たち、年収100万~150万円が585人、150万~200万円が594人、200万~250万円が651人ですって。これも弁護士を建築士に置き換えてもいいのでは?泣けます。


ページの先頭に戻る