ホーム »  コラム  »  新聞の論調と調査結果

2015年07月19日(日)

新聞の論調と調査結果

各新聞がそれぞれ世論調査をしますが、別にその新聞の読者を対象としているわけではなく、コンピューターで無作為にしていると言いますが、どうも読売新聞は他紙に比べて、安倍政権寄りな結果が出るのは気になります。普段の論調と一致しているように思え、興味があるので特別委員会で可決された日に「読売」を買ってみました。朝日は非難一色の印象を受けますが、「読売」は、たとえば、「安保環境厳しさ増す/東・南シナ海 中国進出」という見出しや、「「安保」に期待と不安」と見出しを付けて、「自衛隊の活動が広がることで、抑止力の強化に期待が高まる一方、不安の声もきかれ云々」と書いています。また「野党、批判に終始」とか「ぶれた民主」とか、なるほど政権の「広報紙」と揶揄する人がいても不思議ではないなと思いました。私もセンソウハンタイ!


ページの先頭に戻る