ホーム »  コラム  »  杭騒動

2015年10月31日(土)

杭騒動

どなたか構造専門家は「杭騒動」に対して、一般のひとに分かり易く説明してくれませんか、否、するべきです。このままではマスコミのカッコウのネタにされ、不安と混乱は大きくなるばかりです。他に大事件が起きるまで続くでしょう。

実は私は、次から次に現れる「データーの偽装」について、それほど心配はしていないのです。つまり、ひとつの建物で、杭が何本か届いていなくても即「不良建築で危険な建築」ではないのではないかと思うのです。それは、地中の深いところの地形がどんな形になっているか、1Mおきに正確に描けるわけではない。ボーリイングで何か所かを調べて、あとは推測で杭の長さを計算する、だから場合によっては届かない杭もある。それを見越して、余裕のある設計をしているはずです。その余裕の見方はどのくらいに割り増しているのか、そしてどの杭なら届いていなくても大丈夫、と言うことを構造専門家に解説して欲しいのです。

もう「騒動」や止めにして、専門家が加わった有益な行動に切り替えるべきです。この問題で不安をあおれば視聴率は上がりますが、有益なことはないと思います。


ページの先頭に戻る