ホーム »  コラム  »  介護度4の投票

2016年02月07日(日)

介護度4の投票

要介護度4の老人にも選挙権を行使できるように検討しているというニュースを見ました。私は、原則反対です。母は101歳で要介護度4です。施設で面倒を見てもらっていて、車椅子で生活しています。食事も自分で出来るし、トイレもなんとか自分で行きます。始末はワーカーさんの助けを借りているようです。

私は行くたびに「もったいないから、新聞は止めよう。ホールに置いてあるのを読めばいいじゃあない?」と言いますが、頑として聞きません。「私は政治が好きなの」と言います。うちの母は、恥ずかしながら背伸びと見栄で新聞を取っていて、ちっとも読みません。

「今の総理大臣は誰?」と聞いても「????ちょっと忘れた」。ちょうど新聞に志位委員長の写真があったので、「この人何党?」「???自民党。」

クリスマスや花見の全体パーティーで入居されている方を見ますが、「今の経済産業省の大臣誰?」と聞いて答えられる人は少ないでしょう。「TPPとPTAの違いは?」や「憲法第9条は何について書いてあるの?」と聞いても、ほとんどまともな答えは返ってこないでしょう。ま、他人のことはどうでも良い。少なくともうちの母に投票させるのは反対です。


ページの先頭に戻る