ホーム »  コラム  »  広島とオバマ

2016年05月04日(水)

広島とオバマ

 オバマ大統領が広島に来るとか来ないとか、そして謝罪するとかしないとか。

 たとえ来たとしても、「原爆のような非人道的な兵器は、たとえどんな理由があろうと、使ってはいけないと深く反省し、心からお詫びしたい」なんて、口が裂けても言うはずないですよ。反対に、戦争を早く終わらせたと正当化するのが関の山。

 私、もし広島市長だったら、そしてもし広島市民だったら、逆に「アメリカ大統領はじめ、米国国民が広島と長崎に来ることを一切禁止する」ということを提案しますね。少なくとも100年間は。

 よく「謝って済むという問題ではない」ということを言いますが、これは正にそれです。しかも、絶対に謝罪しない米国大統領を呼ぼうとする人たちの気が知れません。


ページの先頭に戻る