ホーム »  コラム  »  サンデーモーニングとオリンピック

2016年08月14日(日)

サンデーモーニングとオリンピック

「スポーツ紙 とっていたかと錯覚し」朝日新聞に出ていた川柳です。まったくその通り。この二週間は、私にとって空白の二週間。朝刊も夕刊も一面からオリンピック一色。なんで女のくせに(と言っては失礼なら、女性でいらっしゃるのに)180キロも持ち上げようとするんですか。建築現場のトビだって2,30キロが平均ですよ。それに今回はファンになるような方が一人もいない。

先週の「サンデーモーニング」が珍しく視聴率ベスト20から姿を消して、どうしたかと思いましたが、オリンピックの放送と重なったのですね。今朝もズバリNHKとも他局とも重なっていました。「そうか、サンデーモーニングを見る人もやっぱりオリンピックか」とがっかり。一億総思考停止。

ところで更にあきれたのは、最初から天皇陛下のあの放送をノーカットで12分。ディレクターは余程のアホかと思いました。あれで8割はNHKのオリンピックに切り替えたでしょう。サンデーモーニングを見る人は、この一週間で一回はTVで見たはず。すべて見ないでも、新聞などで全文を読んだはず。しかも天皇は初めから終わりまで一切感情表現をなさらない。どこか途中で1分見れば、あとは新聞で全文読めばいい。それを冒頭から流されては、実は私もチャンネルを変えようとしましたが、「この!ディレクターの馬鹿メが! どういうつもりだ?! どんなにおいしい味噌汁だって一昨日のを温めなおして飲まされたんじゃかなわない!」と、女房が私の言うことを無視しているので、一層イラついて叫んでいたら12分終わってしまいました。あと一週間我慢。


ページの先頭に戻る