ホーム »  コラム  »  白紙の領収書と、二度の契約書

2016年10月08日(土)

白紙の領収書と、二度の契約書

 稲田さんが白紙の領収書をもらって自分のところで金額や日付を書いていた問題で、総務大臣が「違法」ではないと説明しました。あきれるばかりですが、白紙で渡すことを禁じる法律が無いそうです。

 以前、地元のすし屋で、近所の中小企業の経営者夫婦らしいひとが子供連れてきていて、帰りに「領収書は白紙でね」と言っているのを見て、「違法だ」と思っていましたが、間違いでした。

 そういえば昨日書いた「コラム」で、銀行の融資を早くもらうために、実施設計が完了する前にインチキ「契約書」をつくって、実際には実施設計が終わってからほんとうの契約を結ぶ、と言う話を書きましたが、これもインチキじゃあないのではないか、と思うようになりました。

 一旦契約を結んで、都合で再契約を結ぶことを禁ずる法律はないのではないでしょうか?どうりでみんな当然のように堂々とやっていると思いました。ついでに印紙ははがして貼りなおすの、これも禁ずる法律は無いのでしょう


ページの先頭に戻る