ホーム »  コラム  »  日建設計と豊洲問題

2016年10月12日(水)

日建設計と豊洲問題

日建設計が豊洲問題で反論しています。当然です。私は初めから「某有名設計事務所」などと言われている時から「名乗り出て説明すべきだ」と主張していましたから、遅きに失したと言いたいぐらいです。

 小池さんが特別の調査チームを作って、そもそもどうなっているんだと調査を始めたと言いますが、つまりこうなった都庁の中の問題を調査するというのはいいのですが、そのメンバーの主軸が建築関係で、しかも報道によると、なにか構造にも問題がありそうだから、建築構造の専門家も加えたとか、他にもとにかく半分以上を建築関係で占めている。ちょっとおかしくないですか?

 日建設計がやった設計の構造に疑義があるとでもいうのでしょうか?つまり、ひとがやった設計にケチを付ける気ですか? 土壌汚染問題とか、他の専門なら話は別ですが、設計をチェックすることは、許されません。しかもまたマスコミに説明する係のようなひとが現れました。ほんとうに気をつけるべきです。

 「専門家も試される時代」と調査チームの代表が言っているそうですが、ホントにこの問題、建築設計という専門に問題があったのですか? 気を付けないと、本質や重大ポイントをずらして、一般のひとの喜びそうなネタを探しているマスコミの餌食にならないように。「マスコミが試される時代」と言い換えるべきです。


ページの先頭に戻る