ホーム »  コラム  »  「電通」強制捜査

2016年11月08日(火)

「電通」強制捜査

「電通」に強制捜査が入りました。日本は法の下に平等でなければならないと憲法に謳っていますが、どうもこれは「一罰百戒」といいましょうか「見せしめ」といいましょうか、「電通」だけやるのは不公平に思えてなりません。他に幾らでもあるんじゃないですか?

 もっとも救われるのは「電通」って政府か自民党か知りませんが、(若しかしたら安倍さんも関係ある?)どこかその辺が顧客というか関係あるんじゃあなかったですか? だから検察のトップが官邸にお伺いを立ててから踏み込んでも不思議はありませんが、どうしたのでしょうね?

 ところでもう何度も書きましたが、建築設計事務所、ほんとに気を付けましょう。私の経験ですが「労働基準監督署」から呼ばれた時、当時たしか1時間750円だったか、で1日8時間、月25日として計算されて、確か15万円。ちょうどそのくらいの月給の人がいましたが、そのスタッフが法律ギリギリだと言われました。但し朝10時から6時まで、昼は1時間の休憩をとること。しかも残業は一切なし。6時帰宅厳守。隔週で土曜日休み、という条件なら認めると言われました。そして労働契約は必ず結んで、タイムカードか時刻を記載した日誌を残すこと。本人は了解していても、死んで親に訴えられたときどうにもなりませんよと言われました。

 ホントに、上記の条件以下のスタッフがいる事務所、設計料値上げして、スタッフを増やしましょう。ナーンチャッテ。うちスタッフがいないので。


ページの先頭に戻る