ホーム »  コラム  »  「復興五輪」の影響

2017年02月21日(火)

「復興五輪」の影響

小池さんの「復興五輪」が地元ではかえって迷惑をしているというようなニュースを読みました。そもそも五輪に反対なのですが、それは置いといて、こういう事態に一言云いたいと思います。

何故「迷惑」なのかと思ったら、五輪の工事のために人件費や工事資材が高騰したことが、さまざまなことに影響しているとか。その話、東京でも神奈川でも実際に聞きました。人手不足で人件費が1.5倍から2倍になっているとか。

政府は何故上限を規制するなど措置をこうじないのか?資本主義経済の社会は需要と供給の関係で、やむを得ない? 冗談じゃあない。残業時間を一律に規制しておいて、よく云えるとあきれます。

こういう時こそ、「復興協力経済体制」とか「五輪協力規制体制」とか、一致協力して、便乗値上げとか、あやかり値上げを規制して何が悪いか?

そもそも人件費が1.5倍とは、それだけ余計に働くということですか?違うでしょ?! 人手不足に付け込んで、値を上げても求められるから、値を上げて稼いでいるだけでしょ? 

震災の直後、仙台の街の夜のおねーちゃんたちの値段が何倍にも上がったと聞いたときは、まあニヤニヤして聞いていましたが、建築工事に関わるおにいさんたちは、そんなこと止めましょうよね。


ページの先頭に戻る