ホーム »  コラム  »  大臣劣化

2017年04月26日(水)

大臣劣化

 今村復興大臣が「東北で良かった。東京だったら被害はもっと甚大だった」というような意のことをスピーチして、辞任することになりました。

これに対して「安倍一強」のおごりだ、緩みだと騒いでいますが、そうでしょうか? 言いようによってはこの発言、その通り、と思います。「東北と比較すると、人口密集度や交通の多さや複雑さが圧倒的に高度な首都東京の方が、経済的な損害やあらゆる機関の混乱は甚大だったろう」ということは間違いなくその通りでしょう。

ところが今の世の中、こういう言い方はすぐ炎上します。とりわけマスコミの受け取り方は、すぐ叩かれて引きずり下ろそうとします。

私は、気の緩みやおごりで言ったことではなく、この言葉の反応が予想できなかった、能力の問題だと思います。

以前、やはり復興大臣が視察先の水たまりをおぶってもらって渡りましたが、可愛いもんです。あれをもし、ピカピカに磨かれた革靴のままざぶざぶと水たまりに入って、視察に夢中になっているかのようなパフォーマンスを見せるのは優秀でなければできません。 

安倍さんはこの程度の劣化した議員を操っているのですから、楽なもんだと思います。そちらの方が、ほんとうのおごりや緩みだと思います。


ページの先頭に戻る