ホーム »  コラム  »  外見

2017年05月13日(土)

外見

ひとは見かけによらないとか、外見で判断してはいけないと言われますが、私はどうしても影響されてしまうのです。

今、審議真っ最中の共謀罪法案。これの質問を受ける法務大臣が、見ていると「この人大丈夫?」と云いたくなります。用意した答弁はすべて官僚の書いた原稿を棒読みし、それでも質問されるとすべて後ろを向いて官僚に助けを求めます。これは外見の頼りなさではなく実質的な内容の頼りなさですが、その頼りなさをカバーするように、ひときわ険しい表情で威圧的な顔をなさっている。その時の外見です。ああいう面構えはなかなか出来るものではない。精一杯相手を威嚇するときの形相ですよ。ウソだと思ったら一度国会中継を見てごらんなさい。

あれは追い詰められた時の顔ではなく、普段からそういう面構えだったようです。


ページの先頭に戻る