ホーム »  コラム  »  有るものも無いのです。

2017年05月26日(金)

有るものも無いのです。

(危ない法律ができる前だからまだ大丈夫でしょう。云っておきます。)

「加計学園」問題で、「総理の御意向」と書いてある文科省の文書があったとか無かったとか。菅官房長官があれは怪文書のようだと言ったと思ったら、前事務次官が「私は実際に見た」と言い出して大騒ぎしています。

 甘いですよ。見たという前事務次官は「有るものを無いというわけにはいかない」と実に勇気ある発言をなさいますが、大丈夫でしょうか? 過去を見ればそのくらいのこと分かると思いますが。心配です。

 あの佐藤首相のとき、沖縄返還に際してアメリカとの密約があって、その証拠書類を外務省の女性が持ち出して新聞記者に渡した事件がありました。

新聞記者は男女の関係まで結んでその女性から秘密を手に入れた有名な事件です。つまり確たる証拠が出てきて、それを毎日新聞の記者に渡したんですから、実際に証拠が出てしまったんです。たいへんなスクープでした。

 しかし、それでも政権は「無い」と云い張って、外務省の女性と新聞記者の不倫関係を騒ぎ立て週刊誌に報道させて、男女の関係に問題をすり替えて、国民の気をそらして、二人を機密漏えいの罪で罰しました。

何十年か経って期限が切れて、アメリカからもその密約が公式に出てきましたが、日本の政権(小泉政権?福田政権?安倍政権?)はそれでも「実は密約はあった」とは言いませんでした。あくまでも沈黙です。「有るものを無い」というのです。有るものも無いと言える人が政治家になれるのです。

そして佐藤栄作総理はノーベル平和賞をもらいました。

だから前政務次官も、関係のない個人攻撃や誹謗で抹殺されるのではないか?日本って怖いんですよ。(ただ救われるのは部下に「信念があってやっている」と理解を示す人がいることですね)これからのメディアの力を見ていましょう。野党はカバだから。


ページの先頭に戻る