ホーム »  コラム  »  東電の裁判

2017年07月01日(土)

東電の裁判

東電の原発裁判、私は3人の「予測(予知)できなかった」という主張を認めた方が良いのではないかと思いますが。3人に、予測できたのに対応を誤ったと言わせて責任を負わせても、実質的には何にもならないのではないでしょうか?彼らが謝罪して賠償金を払ったって大したことはない。刑に服して刑務所で雑巾がけしたって、何の得にもならない。

 それより「予測(予知)できない」ことに対しては、今後、もう一切を止める、と結論付けた方が得策です。つまり、今後も20Mの津波が来るか、50Mの津波が来るか「予測不可能」だとするのです。従って100Mの堤防を築いても無駄、それを超える津波が来ないとは予測できない。つまり、もう原発止めるしかないと結論付けた方が実質的に得るものがあると思うのですが。


ページの先頭に戻る