ホーム »  コラム  »  あの署名

2017年07月01日(土)

あの署名

 昨日知人の建築家に久しぶりに会いました。「新国立競技場」の工事現場を見に行ったようで、まだ基礎の段階だが、大きいのにびっくりしたと云っていました。あれが、垂直に立ち上がるのだから凄いですね、と云います。私が、ザッハのはうねっていたから高いところも低いところもあったのにね、と云ったら、「そうですよね」と同調するので、「私は反対に反対だったんですよ。だから反対の署名には加わっていない。あなたは?」と聞くと、ムニャムニャいうので、「槇さんが仕掛けた100人の反対の建築家の署名はしなかったんですか?」と更に聞くと「あれは断れなかったもんで・・・」ですって。

 私はあきれて何も言えませんでしたが、実はあの時も予想はしていました。「署名をした100人は立面図をよく見たのか?どうなるかよく吟味検討はしたのか?」と。あの騒ぎは何だったのか?あの騒ぎは結局何をもたらしたのか?あの時点で建築家のやったことは正しかったのか?「断れなかったもんで・・・」という建築家は彼1人だけか?大いに検証する必要があります。


ページの先頭に戻る