ホーム »  コラム  »  今の平和と繁栄

2017年08月15日(火)

今の平和と繁栄

この時期になるといつも思うのですが、終戦記念の武道館の式典で安倍さんはいつも「私たちが享受する平和と繁栄は皆様の尊い犠牲の上に築かれたもの、敬意と感謝の念を捧げます」と言います。うまく言えないのですが、ちょっとズレているのではないか? 今の平和と繁栄は、すべてが無くなってしまった国で、戦後の国民の努力によるものではないですか? だから、盗賊が襲ってきて、それを身を挺して守ってくれた、だから今の平和がある、というのとは違いませんか?尊い犠牲とは何の犠牲だったのか?

「今の繁栄」と「尊い犠牲」は別のことではないか?結びつけるのはおかしい、と思うのですが。そうでないと、あの戦争がないと今の平和がなかった、となりませんか?あの戦争で死んでくれたから、今の繁栄がある、となりませんか?国の指導者と軍部の犠牲になったのではありませんか? 犠牲になった方に対しては私も心が痛みますが、「今の繁栄」とは別の話だと思いますが。

「平和と繁栄」が犠牲の上に成り立っていると、どうしても思えないのですが。

従って、天皇陛下のお言葉の方が、まったく正しくその通りだと思います。「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して、心から哀悼の意を捧げます」とおっしゃっています。そのお気持ちは純粋だと思います。安倍さんのはどうも戦争を正当化しようとしているようで。


ページの先頭に戻る