ホーム »  コラム  »  ○○嫌い

2017年10月31日(火)

○○嫌い

選挙は予想通り自民の大勝で、癪に触ってしかたがありません。しかしまあ、万一渋谷の交差点にミサイルが飛んできたら、トランプに電話して、他の党より対処はまともではないかと、残念ながら認めざるをえません。

また経済のことは分かりませんが、アベノミクスは成功か失敗か、専門家でも分かれているので、勿論実感はありませんが、否定するほど根拠が私にはありません。

しかしはっきりしているのは、私は安倍さんが大嫌いということです。勿論付き合いがないので、新聞や週刊誌の記事からだけですが、大嫌いです。

一つは、官僚をはじめ周囲のひとを、都合悪いと排除するからです。人事で自分に都合悪いと、人事異動させて相当意地悪をするそうです。痛い眼どころか人生が狂うので、みんな戦々恐々として、報復を恐れているそうです。だから当然忖度が生まれるのでしょう。

そんなの政治の世界では当然だろと云われるかも知れませんが、小池さんが「排除」と言葉で発したとたんに風向きや潮目が変わるのに、おかしいじゃあないですか。都合の悪いひとの排除は半端じゃないそうですよ。

もう一つは、言うことが大きく、断言し、調子が良すぎるからです。あの演説の仕方は誰から学んだんでしょう。教養も見識もあったもんじゃあない。教養や見識があれば、疑問や迷いが当然あります。しかしそれをかなぐり捨てて絶叫し叫ぶのは、自信ある説得ではなく、テクニックです。そしてそれに伴う振る舞い方。

例は多々ありますが、例えば拉致問題。「必ず私の政権で解決します!」と断言しました。

振る舞いは、オバマを広島に連れて行って、核を「憎んで見せた」こと。核兵器廃絶に賛成できないなら、黙っていれば良いのに。

しかしひとの好き嫌い、愛憎は個人的な感情のこと。そんなことは気にしない若者が自民党に投票するのは、「名を捨てて実を取る」精神につながるのでしょうかねえ。 やっぱり私、若くない?!


ページの先頭に戻る