ホーム »  コラム  »  皇族の入学問題

2017年11月30日(木)

皇族の入学問題

日本は「恐ろしい国だ」というのは私の持論です。あるものも無いと言い、無いものもあるという国だからです。承知しているはずですが、またまたびっくりした話。

 先日高校の同窓会がありました。学芸大附属で国立校です。私は一期生だから付属中学からそのままドサクサに紛れて、ボンクラも入ったという話は先日書きました。

ところが、最近、国立の学校の入試を止めて抽選にしようというニュースをみましたが、「何バカな事考えているんだ?」と思っていましたが、同窓会でも話題になりました。われわれはもっとひどいドサクサ入学だから大きなことは言えないけど。

すると或る奴が、抽選にするのは悠仁(?)サマ、つまり秋篠宮殿下の息子がそろそろ中学、高校にくるので、彼が入り易くするために入試を止めるんだと言うのです。私は「そんなバカなことがあるもんか…」と相手にしませんでしたが、今ニュースを見ていたら、どうやらまんざら嘘でもなさそうなんです。

もっとも今検討されているのは筑波の方で(林昌二の母校、以前の教育大付属)、それも父兄にバレたようで疑問の声が出ているようです。とりあえず学芸大附属は関係ないようですが。また渋谷に何か「名門校」があるようで、そこにお忍びで見に行ったとか、やはり騒いでいます。これからいろいろ大変な問題が起こりそうです。

勿論これから天皇にもなる方だから、やっていけるならしっかり勉強して優秀な天皇になって欲しいと思いますが、そもそも学習院は何をしているのか?

学習院という学校はそういう天皇や皇族のために作った学校で、そこに行かないのが問題です。むしろICUなんかに出ていくのを止めるべきだったと思いますが。


ページの先頭に戻る