ホーム »  コラム  »  無駄な外交

2018年01月16日(火)

無駄な外交

安倍さんがバルト3国、東欧も3か国廻っているようです。すでに5年間で80か国くらい廻ったようです。頭の良いひとでも覚えられないと思うのですが、大丈夫なんでしょうかね?会ったひとを覚えていられますか?だから 効果があるのか?なんて聞くとバカにされそうだから言いませんが、直接会って友好関係を結ぶって、ほんとは疑わしいと思うのですが。各国の大使に任せておけないのですか?いちいち会うってそんなに大切なことですか?

話は変わりますが、習近平だって、まだ党の代表になる前に、小沢一郎は、皇室のしきたりを無視して天皇陛下に無理をして会う段取りをつけました。相当恩を売ったはずでしょ? そして、何百人の財界や政治家を連れて中国に乗り込み、習さんと握手させ写真を撮って、濃密さを宣伝しました。

だからそれらが有効な外交だったなら、今、こういう時会いに行って、尖閣諸島に近づくなよとか、北朝鮮に石油を送っちゃだめだよ、とか言ったらどうですか。

のこのこついて行った政治家もどうせ選挙事務所に写真を掲げて、自慢にするのが関の山でしょうが、まあ金魚の糞は別として、少なくとも直接会いに行った代表は、効果を発揮しなければ国費の無駄遣いです。


ページの先頭に戻る