ホーム »  コラム  »  朝日新聞、おかしくないですか?

2018年02月15日(木)

朝日新聞、おかしくないですか?

朝日新聞がおかしいのか、日本国民がおかしいのか、はたまた私がおかしいのか?

オリンピックに興味のない私が異常なのかもしれませんが、朝日新聞の一面トップに銀だの銅だの、しかも総理が死んだ時のように大きな文字で。スポーツ新聞じゃあないんだから、やはりおかしくないですか?

国会は休会中ではありません。やってますよ。そして、安倍さんが異例の答弁撤回陳謝なんていう、とんでもないことが起きているんですよ。銅メダルより重要ではないでしょうか?

もっともそれ自体、ゲンさんなんか何のことかさっぱり分からないでしょうから、いや、少々分かっている人でも、恐らく分からなかもしれない。やっぱり日本国民がおかしいのでしょうかね。

そういう私も実は分かりません。要するに、「裁量労働」とか言い出して、そういう労働についている人の労働時間が、比較すると実質的に短かったと安倍さんが答弁した、それが間違っていたと言っていると理解していますが、違いますかね? つまりそれを間違うようなことでは、そもそもこの制度自体がアウトということではないんですかね。

建築事務所で言えば、図面ばかり引いているスタッフとは違って、チーフやその上に立つ人は図面の枚数イコール時間で計算するのではなく、良い案を考えたかどうかで、事務所にいた時間で労働量を計らない。そういう制度なんでしょ? そんなの成り立つはずがない。建築事務所なんてそもそも単純労働と知的労働(私は先日これを仕事・(work)と労働(labour))と呼びました)の区別がつかない。日建のような大組織ならいざ知らず、ゴマンとある普通の事務所は全員が「裁量労働」をさせられています。

安倍さん! あのオリンピックがどうの、メダルがどうのと騒いでいる明るい元気男、彼に立候補を薦めるのだけは止めてくださいよ。


ページの先頭に戻る