ホーム »  コラム  »  金メダルと裁量労働制

2018年02月22日(木)

金メダルと裁量労働制

また朝日は(他の新聞は知りませんが)金をとったと一面トップと社会面全面を使って報道していました。

 

そんなの昨日からTVでじゃんじゃんやっているからみんな知っていますよ。                                                                                                   

折しも、「裁量労働」がつまづいて、施行を延期するとか、とんでもない問題が起こっているのですよ。実はこの法案、五輪の金で騒いでいるサラリーマン諸兄の残業代を払いたくないという経営者のための法律だと言われています。評論家がそう言ってましたよ。関心を持たないで騒いでいて良いんですか?

 というのはマスコミも悪い。いったいどっちの見方ですか?こういう時、オリンピックに浮かれていないで、同じくらい大きな活字とスペースを使って、真実と政権の魂胆を暴き出して騒がなければダメだと思うのですが。

 もっとも近年の新聞、テレビは、その判断ができないのかもしれない。以前、小選挙区制が導入されそうなとき、こういう今日のような状況になることを予見して、反対をした議員を「守旧派」と呼んだのはマスコミでした。

 まあ、この法案、少し皆さん関心をもったらどうですか?安倍さんの棒読み答弁を聞いていたら、働き過ぎて具合の悪そうな人は、経営者が医師の診断を受けさせることを義務化する法律だと胸を張っていました。

 私には羽生くんのスケート見るよりはるかに面白い国会のやり取りでした。


ページの先頭に戻る