ホーム »  コラム  »  TOKIOの会見

2018年05月05日(土)

TOKIOの会見

有楽町を歩いていたら人だかりがしていました。TVで4,5人の男性が黒い服着て会見をしていました。政治家でも官僚でもありません。

「ああ、これがトキオとかいうグループの謝罪会見という奴か」と、最近話題のニュースを思い出しました。帰って報道を見ると、問題を起こした山口とかいう人が、そのメンバーの一人に辞表を託したとか。

私にはどうでも良いことですが、ふと疑問(というよりそれが当たり前)に思ったのは、これだけ騒がれる問題を起こしたのに、そのメンバーの代表が辞表を書くという話が一言も出ない。まして、このメンバーを抱えているジャニー社長(?)にファンや世間は誰も辞任しろと言わない。

Y国立大のI君はきっと「そうだろ…」とドヤ顔で言うに違いないと思いました。

この空気が読めないで、「麻生大臣辞任しろ!!」「安倍降りろ!!」と叫んでも民意は付いてこないし、国民から見放されることを野党はそろそろ気づくべきです。

そもそも「ソーリ! ソーリ!」と叫んで、逆に別件で逆襲されて辞職に追い込まれた辻元さん、あなたの戦法は単純すぎて、かえってマイナス効果しかないことを考えてください。大阪のオバちゃんにしか通用しないのではないですか?(そもそも官僚や政治家の謝罪会見に人だかりは出来ますかね?その辺のヨミもできているんでしょうかねえ)


ページの先頭に戻る