ホーム »  コラム  »  加計理事長記者会見?

2018年06月20日(水)

加計理事長記者会見?

 加計理事長が記者会見しましたね。それも大地震の翌々日。地元メディアに限って、9時に発表して11時から始める。もし東京や大阪からTVカメラを担いで行ったとしても間に合うはずがない。さすがやりますねえ。官邸は。国は怖い。

しかも、「あの日、問題になっている2月15日、安倍さんと自宅で会いましたよ、それが何か? ゴルフの時も、そりゃあ相談しますよ。何十年来の友人ですよっ! 事務総長が市や県に嘘をついたって? 私にたいする忖度ですよ。それが何か?」

なんて言うはずないでしょ?

今朝の「朝日」一面トップはスポーツ新聞並みにサッカーの話ですよ。2対1で勝つことがそんなに大きなことなんですか?会見の話などそれに押されて下の方にほんの少し、小さく出ているだけ。誰が読みますか?これも発表のタイミングとして計算づく。(新聞もTVも事件とスポーツで大半が割かれる。しかしついてますねえ) 完敗ですよ。 国民も野党もメディアも。安倍政権に完敗ですよ。いや、加計のオヤジの話なんてどうでもいいのですが、「一強」の影響が自民全体、国会議員全体に及んでいる問題が、このまま隠れていこうとしているんですよ。その影響は必ず来ます。その時に騒いでも遅い。歴史の教訓です。第二次世界大戦も始まるときは、国民みんな賛成していた。マスコミも。Y国立大のI君、これでいいの?やっぱりサッカーの2点の方が大切?

しかもこの期に及んで、野党は証人喚問だって? バッカジャない? お止めなさい。TVに質問している姿が写りたいのでしょうが、どうせモタモタ質問だと印象が悪くてかえってマイナス、野党の致命傷になりますよ。それがなぜわからない。出直して、戦略練り直してください。


ページの先頭に戻る