ホーム »  コラム  »  被災地の生の声・今更聞いてどうする。

2018年07月14日(土)

被災地の生の声・今更聞いてどうする。

 昨晩のBSフジ・「プライムニュース」ご覧になりましたか?キャスターが代わってからはすっかり面白くない。まるで政権のヨイショが「通奏低音」で流れていて、たびたび途中でチャンネルを変えます。

昨日も、片山さつき大臣・防災か災害か知りませんが担当大臣のようですが、彼女が被害の大きい岡山だったかどこかへ行ってきたと自慢げに言いました。そして現地のひとの声を直に聞いたと、行ったことの成果を誇ります。で、こんな生の声を聞いたとフリップを見せます。そこには何が足りないか何が欲しいかが書いてあります。今聞いたナマノ声だと言います。あっきれましたね。そんなこと、災害が起こるたびに、たびたび聞かれたことだし、今に始まったことではない。そんなの聞かなくてもとっくに用意されていて、貴女が行く前に発送しろよと言いたい。だから私は避難勧告が出ているのに「赤坂自民亭」をやっていたこと非難しないんです。部署についてもどうせろくなことしないから。

友人の編集者が災害時「あったら便利手帳」とかいう小さな本を 、たびたび起こる災害に役立てようと、とっくに作っています。売れているそうです。それを今更、被災地に駆けつけて直接聞いたなんて、ほんとに情けない。やっぱりチャンネル切り替えて、娯楽番組にしました。


ページの先頭に戻る