ホーム »  コラム  »  避難勧告

2018年10月03日(水)

避難勧告

役所(国?)が出す避難勧告に従わないで、間に合わなくなって死ぬ方がいることはよく承知しています。

私の住んでいるところもハザードマップが配られました。どうも「がけ崩れ」の危険らしいのです。溢れるような川や高潮はうちは関係ありません。

うちのある町名は、どうも隣町(隣の区)との隙間にできてしまったところにつけた町名らしく、幅数十メートル、長さ三~四百メートルの狭いところです。

その隣町との間に若干高低差がありますが、年々、家やマンションで造成されて、崖なんてほとんど見られません。ハザードマップを作った人は実際に見に来たのかよ、と言いたくなります。

それであの台風の夜(30日)、どうもNHKで情報が出たらしいのです。うちの町名が出たらしいのです。うちの町名が出るということはかなりピンポイントで避難勧告が出たことになります。

仰天したのは渋谷に住んでいる娘で、何故かNHKを見ていたようで、「避難勧告が出ている!すぐNHKを見ろ!」と電話してきました。妻が対応しました。私、出るはずがないし見るはずがない。「ドクターX」の真っ最中。

もし雨の中歩いて中学校の体育館に行ったら、たぶん私たち夫婦二人だったと思います。防災行政はほんと、真剣に考え直した方が良いと思いました。


ページの先頭に戻る