ホーム »  コラム  »  ごまかした原因?

2018年10月22日(月)

ごまかした原因?

制振装置の検査数値をごまかしたとか。以前は免震ゴムでもありました。自動車も何かの検査数値を改ざんしたとか。

日本が誇っていた高い技術は地に落ちた、と言われています。

これは技術者の倫理、精神がダメになったからとも言われます。

私は違うと思います。原因は値切るからです。

財務省の官僚じゃああるまいし、技術者は、出世のための忖度や、伊達や酔狂で、誰が数値や工事をごまかしますか。

原因は値切るからです。金額や日数を切り詰められて、余裕がないから修正がきかない。現場の技術者はやむを得ず、通すためにやったのではないか?そうしなければ会社が大損害、潰れるかもしれない。

だから致命的ではないと思う程度の(ぶっ倒れるわけではない)ごまかしで、会社の危機を救ったのに、それを倫理の欠落というのは酷です。

「バカマス」(バカなマスコミの略)は、ただ「危険だ!心配だ!」と騒ぎ立てないで、これの受注した時の詳細な事情を調べて公表すべきです。技術者の倫理観ではなく無理をして受けた現実をあぶりだすべきです。

そもそも発注者から受ける時に、金も時間も、無理をして受けるからいけないのです。だから無理がなかったか?誰がどのようにして値切ったのか?そこを調査しなければこの問題の根絶は無理です。(住宅を例に出そうとしましたが、怖くなったので止めときますが、これだけは言わせてください。建築家が設計・監理している住宅工事は値切らないでください)


ページの先頭に戻る