ホーム »  コラム  »  自画自賛

2018年12月06日(木)

自画自賛

 (老人の自画自賛は醜いもの、気分が悪くなる方は読まれないことをすすめします。)

 

「写真美術館」に行ったので、恵比寿駅前の「トレベルノ」を拝みに行ってきました。

20年前の作品ですが、両側はすでに新しいビルが建ち、横からの姿はあまり見えませんでしたが、やはり良いです。名建築と言っても良いのではないでしょうか?

 ドコモモとかいうのがありますが、認定されないのなら独自に「ヨシモモ」認定作品としても良いでしょう。

 名建築とは何か? まず設計に渾身のエネルギーが感じられること。

 正面に立ってじっと見上げていると、上層階の居住部分と下の事務所スペースが大胆に分離していること。高層でありながらキャッツヲォークがあって、バルコニーがありますが、それらに、「作ることに対する夢中さ」が感じられるのです。形の美はその次で良いと思います。普通のやり方で処理してしまわない創造の精神があって、それに夢中さが込められていることが、美より大切だと思います。

 それがあることが名建築の前提です。正面に立ってじっと見ていると、それが認められるので、やはり「ヨシモモ」の認定をすることにしました。

 アプローチのチェッカープレート敷きも近隣の商業ビルとは違います。ごみ置き場も違います。

 横の壁の「トレベルノ」というロゴ、坂茂さんの奥様のデザインですが、(最近お会いしていないけどお元気かなあ…)そのロゴは隣のビルに隠されていますが、隙間からかろうじて見られます。(私も後ろのビルの田中一光のロゴを隠してしまったので文句は言えませんが…)

 是非近くにお出かけの折には見てください。ちなみに設計は私ですからね。念のため。


ページの先頭に戻る