ホーム »  コラム  »  外国人労働者

2018年12月13日(木)

外国人労働者

外国人労働者に来てもらわないと、日本だけでは不足していてどうにもならない。それで詳細が何も決まっていない法律を徹夜で通しました。

私は、詳細のことは分かりませんが、ただ一つ言えることは、外国のひとに来てもらわなければならないような仕事を増やすなよ、と言いたいのです。

たとえば、オリンピック・パラリンピックなんかするからだ。万博なんか無理してやるなよと言いたい。この二つだけでもかなりの人手不足の原因をつくっています。(いや勿論何十万人という不足はわかってますがね。)

それから、新幹線があるのにリニアモーターカーなぜ作る。なんで名古屋へそんなに早く行きたいのだ? 1時間縮めて何をする。そのために山に穴を掘ってまで急ぐことがあるものか! キツネやや狸もいい迷惑だ。

 その山を掘っている人たちを、保育園や介護施設に来てもらえばかなり助かるのでは? 

それから賭博の大型施設も作るようです。そのためにホテルも作る。また人手が膨大に要る。何故そんなにして金を稼ぎたいのか? 

そもそも観光で稼ごうとすることが情けない。景色ならカナダやスイスの方がよっぽど良い。異文化ならエスキモーにかなわない。彼らが期待しているもの知ってますか? フジヤマ、ゲイシャ。ニンジャにサムライですよ。もっと知的な文化で稼げないのか。オモテナシなんて言わないでクルコトナシと宣伝するべきです。人手が無くて忙しいんだから。

外国人をそんなに呼んだって、京都の錦小路のようにこちらの文化が壊されるだけですよ。鮒ずしの専門店がつぶされたように。今、銀座に行って御覧なさい。ほとんどが行儀の悪い外国人です。躾のできてない輩が分からない言葉で怒鳴るようにしゃべってる。それが、一時的な旅行ではなく、ずっと身近で働くようになるんですよ。

日本語には「身の丈に合う」とか「分相応」という言葉が表している「ほどほどに」という美しい文化があります。なるべく自分たちでできる文化を作りませんか? そんなに成金趣味で、背伸びしたり手を広げようとするから、人手が足りなくなるのです。もっと身の丈に合った、質の高い日本にしませんか?


ページの先頭に戻る