ホーム »  コラム  »  プライムニュースと報道1930

2019年01月17日(木)

プライムニュースと報道1930

夜8時からのBSフジの「プライムニュース」にダブって食い込んできた7時半からのBSの「報道1930」(TBS)、30分するとBSフジと重なり競います。困ります。その辺のバカ番組とは違うので、両方見たい。何故重ねて競うのでしょうかね? 娯楽番組じゃああるまいし。 競ってどうするんですか?

で、扱うテーマはTBSの松原さん、ニュースの波をちょっとずらして、しかし放っといちゃあいけない、ちゃんと検討しておこうよ、という意図は理解します。

でも正直、どちらを見るかと迫られれば、やっぱり時流の今を見たい。二者択一を迫るからいけない。時間を変えてほしい。

それはそれとして、昨夜は片山さつきさんを呼んできて、口利き疑惑、看板問題、会計報告書の訂正問題、等々、本人に「よくこんなに悪いことばかり探して並べてくださいましたね、有難うございます」と余裕の挨拶をされるくらい。

それで松原さんの追求が始まると、すべて国会の質疑で出てきた程度の、それ以上の何もない。見事に言い訳と説明をされて、駒がないから突っ込みようがない。

その程度の準備で松原さん、よく呼びましたね。本人に「ゆっくり説明の時間を作ってくれて有難う」とお礼を言われるくらい、だらしない時間でした。国会の「証人喚問」と同じようで、弾を持たないダメな野党みたいでしたよ。

これがBSフジのほうだったら、やっぱり政権寄りサンケイだからねと言いますが、TBSでしょ?

せめて最後に「そんなにどれも問題のない、正当なことばかりだったのなら、何故こんなに集中して問題にされたのだと思いますか? それから、もし裁判に勝てなかったら議員お辞めになりますか?」と言って終わってほしかった。

「仮定の問題にはお答えできません」

「でも、私や妻がもし関わってたら総理大臣や国会議員を辞めます、と言ったのは親分でしょ?」

 


ページの先頭に戻る