ホーム »  コラム  »  穴の偽装写真

2019年03月07日(木)

穴の偽装写真

共産党が森友問題で、これまでに提出された穴の写真は、加工(偽装修整)して同じ穴の写真を別の穴の写真として使っている、というようなことを取り上げて委員会で追及していました。

大臣の答弁は、業者に聞いてみますというようなそっけないものでした。

去年の11月のコラムで書きました。

ところがやっと数日前の新聞で、業者の回答が出たらしく、たしかに間違った(偽装した)写真を出していた。しかし、それによってはこれまでの深さ問題や位置のことには直接影響しない、と政権側の見解が出ていました。

そうしたら昨日の予算委員会で、再び共産党が数枚の写真を出して、この写真もおかしい。第一寸法を示すスケールも写っていない。また穴の位置を示す図面も間違っている。出鱈目だと追求します。

しかし石井国交大臣は、これまで答えている穴の状況を示す答弁には問題ない、というような、要するにそれによって直接影響しない、と突っぱねます。

そういう問題じゃあないだろ!!!

文書を改ざんしたり、統計を偽装したり、虚偽の説明をしたり、そのこと自体が問題だと思わないのか!? 問題をはぐらかすなよ!! 


ページの先頭に戻る