ホーム »  コラム  »  東大の入学式

2019年04月26日(金)

東大の入学式

東大の入学式で上野千鶴子氏が述べた祝辞が話題をよびました。

私は、さすがと感心しましたが、東大生の中には「説教されている気分になった。式で言うべきことか」と抜かした奴がいたようで、しかも友達もそう言っていたと言います。そうだよ、あれは説教だ。説教で何が悪い!心して聞いておけ!

入学式では「おめでとう。良かったね」と言って欲しかったのか? このヤワな学生の傾向は東大だけか? フザケンナ! 

しかももう一つ、信じられないことだけどTVで見ると式の会場は、たしかあれは「日本武道館」? もしそうだとしたら、大学当局からして腑抜け。富士山の形の屋根と、てっぺんの大きな擬宝珠、それだけであの建物は使いたくない、と思わないのか?

なぜ安田講堂でやらないのか。もしかしたら父兄が多くて入りきれないから? 昔、安藤忠雄が祝辞を始める前に、「父兄は皆さん出てください!」と言って問題になりましたが、さすが安藤さん、ご立派!

安田講堂でできないなら、せめて代々木の国立屋内総合体育館(丹下健三設計)でやるべきでした。

とにかく、「説教されているみたい」と抜かした学生が、就職率が良いことを政権支持の理由にして、日本の傾斜角に気が付かない輩になって官僚になることはなんとしても止めなくては。

Y国立大のI君、東大を見習うな! (それとも同じ穴のムジナか?)


ページの先頭に戻る