ホーム »  コラム  »  フェイクニュースと風刺漫画

2019年06月16日(日)

フェイクニュースと風刺漫画

フェイクニュースとかが横行し増えてきているようで、迷惑で物騒な世の中です。

町の通りを虎やシマウマが歩いているという、怖いニュースを流すようです。

ところがもっと怖い「フェイクニュース」があります。

安倍さんがイランに行きました。現地の雑誌が鎧姿の安倍さんを風刺画で描きました。ネットニュースで見ました。

そうしたらNHKが「サムライ」で表現されたと報道したようです。そのNHKのニュース見損ないましたが、「フジヤマ、ゲイシャ」のレベルでとらえて、微笑ましい漫画と報道したようでした。

しかしそれは「日本のサムライがイランにやってきた」などという単なる歓迎ムードの微笑ましいものではなく、実際はその姿、「キャプテン・アメリカ」風に揶揄されたものだったそうです。

「キャプテン・アメリカ」の話はまったく無知ですが、その意味するところはなにやら簡単ではなさそうです。知らないでNHKだけを見ていると、揶揄されて批判されたとは気が付かない。

安倍さんや自民党筋では、イランに行ったのはたいへん役に立つことをした、有効だったと話されていますが、この風刺画の意味するところは、まったく逆のようです。NHKだけを観たひとは真実に気づかないかもしえない。そして「外交の安倍さん」が株を上げるだけ。 

うちの前をシマウマが通ったというニュースの方がよほど気楽です。


ページの先頭に戻る