ホーム »  コラム  »  記者のレベル

2019年08月10日(土)

記者のレベル

マスコミのレベルが下がっていることは、腹が立つより悲しくなります。

 その1 : 小泉さんと滝川クリステルさんの結婚発表、首相官邸でするのは顰蹙をかっていますが、当たり前でしょう。

しかし彼らの言い訳は、安倍さんに挨拶に行ったら、官邸にいた記者につかまったと言います。

誰か一人くらい「こんなところで立ち話っていうのもナンですから、喫茶店にでも行きませんか?」と言わなかったのか? 近くにはニューオータニだって東急プラザだってあります。

記者がダメなら、まともな芸人だったら、そのくらいの見識はあるというもの。ましてや吉本芸人なら当然言わなきゃ・・・アレッ、滝川さんは吉本じゃあない?

 小泉さんも? 吉本じゃあないの!?   

 その2: ローマのスペイン階段に、腰掛けることや飲食をすることを禁止したという報道。

観光客が押し寄せて、みんな腰を下ろす。スペイン広場の景色はダイナシ。だからちょっと座って写真撮影も禁止だとか。

その記事に、大阪からのツアー客の「がっかりです」という非難だけを取材して、現地の人たちの、やっと「らしさ」や静けさが取り戻せたという賛成の声は載せていない。この記者も「やり過ぎ」という気持ちで書いている。

京都を見てみなさい。安倍さんが観光に対策もなく力を入れるから、あの京都の汚濁ぶり。京都の文化の破壊。錦小路だって買う気のない外国人観光客がカメラを持って、お祭りの参道のように練り歩く。贔屓の高級鮒ずしの店も閉めました。やってられないから。

イタリア人は偉いと思いました。それに引き替え、あの記事を書いたヘボ記者、情けない。


ページの先頭に戻る