ホーム »  コラム  »  3人の無罪、控訴はするな

2019年09月25日(水)

3人の無罪、控訴はするな

東電の旧経営陣3人の無罪、私は、控訴しないでほしいと願います。

何故か? 裁判費用がもったいないからです。そして時間がもったいない。

求刑は「禁固5年」だったんですってね。有罪になっていても牢屋に5年!

あんな3人、牢屋に入れて、なぜ気が済むんですか?

以前このコラムで、「日本人は、謝罪させるのが好きですねえ」という事を書きましたが、私は、謝罪されて気が済むのは屁か足を踏まれたくらいで、こんな国民に損害を与えておきながら謝罪させて、ジジイを牢屋に入れてなぜ気が済むか理解に苦しみます。

それより今後は、民法で損害賠償の裁判を勝ち取ることです。

今回の裁判で、「東電は、いい加減に考えてやりたくないから、東電が金を出している土木学会に都合のいい報告書を書かせて、それを根拠に何もしなかった。あるいは間違った土木学会の報告書を利用した」という事が、はっきりしました。

従って、その責任は、東電という企業が責任をとって、賠償させる。それに全力をかけて戦うべきで、3人を牢屋に入れても何にもならない。「実を取るべきです」


ページの先頭に戻る