ホーム »  コラム  »  中曽根元総理

2019年11月29日(金)

中曽根元総理

中曽根元総理が亡くなられましたね。

 思い出します。

昔、中曽根首相の秘書をしていた元文部大臣・島村宣伸氏の東京のご自宅と軽井沢の別荘を設計しました。

そこに島村さんが中曽根さんをお招きしたそうです。そうしたら「良いですね」と褒めてくれた、と島村さんが話してくれました。

島村さんは私を喜ばそうと思われたのでしょうが、私は「それだけ?、私もこの建築家に設計を依頼したいと言われなかったの?」と内心不満に思ったことを思い出します。(ほんとに不遜な男だね、この私)

断っておきますが、私、反自民。(反巨人、反五輪・・・etc)

別荘の工事中にちょうど湾岸戦争。日本が金だけ出して戦争に参加しない(昔は野党が頑張っていた)ことを批判して、たき火を囲む職人たちに、戦争に参加すべき正当性を語っておられましたが、私は聞きたくないから、寒いのに枝を拾いに離れていたことを覚えています。

しかしどういうわけか、自民と縁があります。50年くらい前、防衛大臣の自邸をやって、「毎日グラフ」のグラビアに掲載されました。その表紙が正田美智子さま。よく覚えています。

総理大臣の息子の家をやって、さてこれから彼を利用しなくっちゃと思っている時、病気で急逝されました。

そういえば、島村さんは中曽根さんに仕えたバリバリの自民党ですが、ひとつだけ感心し尊敬しているのは、「小選挙区制」は必ず一強他弱を生む。党派だけでなく自民の中も、モノが言えない他弱を作り出す制度だ、と反対されていました。今、その通りになりました。もう少し頑張って欲しかった・・・否!島村先生はご健在、お亡くなりになったのは中曽根康弘元総理・・・ご冥福を祈ります。


ページの先頭に戻る