ホーム »  コラム  »  パンデミックは専門用語?

2020年03月26日(木)

パンデミックは専門用語?

「コロナ」のことで、説明が分かりにくい、特に専門家が横文字(英語)を使うと分からない、どうして英語を使うのか?と国会で野党が質問し、できるだけ日本語で分かりやすくしてほしい、と言いました。

 ところが河野太郎大臣が英語は止めるべきだと言ったことをマスコミが取り上げました。

 マスコミは野党が言った時に何故取り上げなかったか?やっぱりバカマス(バカなマスコミの略)です。

 それはいいとして、その理由に「お年寄りは横文字に弱いから・・・」とのたもうた。

ザケンナ! 明治大正生まれのお年寄りは、たしかに習わなかったから、英語は苦手でした。

 しかし80歳代(私)以下なら、中学からちゃんと英語はやってますよ。大きなお世話です。

 竹下通りや渋谷のスクランブル交差点を歩いているバカたちより、私の英語の語彙の方がずっと上ですよ。

 「パンデミック」? こんなの専門用語ではありません。普通英語ですよ。あのWHOのオジサンが専門用語を知っているはずないんじゃあないですか? 私TVで2回目に見たときから、このオジサンの頭の中がパンデミックじゃあないの?と思いましたよ。(そういう局地的な場合は「エンデミック」と言いますが…)

 「オーバーシュート」だって、竹下通りとスクランブル交差点のバカに聞いてごらんなさい。バスケットボールかサッカーで使う用語と答えるでしょう。

 PS:宮前区にも感染者が出たそうで、しかも体調を崩した翌日も電車(田園都市線に決まっています)に乗って、東京に行ったとか。 嗚呼この始末 人間はウィルスに勝てないのでは?


ページの先頭に戻る